防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1071号 (2022年3月15日発行)
-
1面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面 12面

30年来の悲願!
陸上競技場完成!

防衛医科大学校
 3月1日、埼玉県所沢市にある防衛医科大学校(学校長・四ノ宮祥)で眩ゆい光の中、「陸上競技場落成式」が開催された。
 防衛医大の空手道、剣道、柔道、男子・女子硬式庭球、男子・女子ハンドボール、サッカー、男子・女子バスケットボール、バドミントン、男子・女子バレーボール、ラグビー、準硬式野球、水泳、躰道、合気道、弓道、スキー、陸上競技、レスリング、自転車競技、チアダンス、山岳、ソフトボール各学友会活動の選手らがユニフォームを来て参列した=写真。
 四ノ宮学校長は「来年50周年を迎える正にこの時、綺麗なグランドが出来て良かった。体育館も綺麗になるので、学友会活動などで大いにそして丁寧に使って欲しい」などと訓示した。
 緊急時には、急患を搬送したりトリアージステージとしても使用する予定のこのグランド。トラックはタータンと呼ばれる合成ゴムで作られており、水はけもよく怪我もしにくいとのこと。また、今までの土のグランドだと土埃で周囲に迷惑をかける、怪我した時にも感染リスクが高い、などの大きなデメリットがあったが、これらが解消された。30年来の悲願達成だ。
 現在でもトップクラスの実力を持つ部活もある防衛医大。工事中は近傍の公園や自衛隊駐屯地等で練習をするなど「流浪の民」状態だったが、これからは丁寧に手入れをしながら大いに活動ができる。赤いトラックに緑の芝、白や黄色のラインと見た目にも鮮やかなこのグランド。更なる各部の活躍にも期待したい。

Home
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc