防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
12月1日 12月15日
11月1日 11月15日
10月1日 10月15日
9月1日 9月15日
8月1日 8月15日
7月1日 7月15日
6月1日 6月15日
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1088号 (2022年12月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面 12面

3年ぶり自衛隊音楽まつり

 3年ぶりとなる「自衛隊音楽まつり」が11月18、19の両日、東京・日本武道館で開催された。合わせて6回の公演に約1万3千人が来場、3カ国の外国軍楽隊を含む音楽隊の華やかで力強く心打つ音楽の祭典を堪能した。

音楽隊が奏でる
「WITH」テーマに
 水のように時に優しく、時に強く、包み込むような演奏と歌。「WITH…回せ、響き。動かせ、新世界〜新しき世代、その力と共に〜」。今年のテーマを体現するかのように出演者の表現に来場者らも一緒になって拍手や手拍子で応えた。
 「皆様と再びお会いできましたことに喜びをかみしめています。この瞬間に感謝の気持ちを込めて、私たちの音楽を精一杯お届けしてまいります」ーー。海自東京音楽隊のボーカル、三宅由佳莉2海曹のあいさつに続いて幕が開いた。
 第1章。陸自東部方面音楽隊と東部方面らっぱ隊が村田茂3陸佐の指揮の下、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」などで魅了。空自航空中央音楽隊は、原田悠生2空尉が指揮しユーフォニアムのカルテット(4人演奏)などで魅せた。
 第2章。陸自中央音楽隊は蓑毛勝熊3陸佐の指揮で行進曲「我が山河」などを披露。「陸軍分列行進曲」では、要人への特別儀仗も行う第302保安警務中隊隊員が演奏に合わせて整斉と行進した。
 海自東京音楽隊は、今回初めて男性隊員6人で編成した艦旗隊を先頭に入場。ピアニスト、太田紗和子1海曹が「パリは燃えているか」を弾き、会場を静かに包んだ。ボーカルの橋本晃作2海曹は、「必ずここへ帰って来る」という歌詞のある「宇宙戦艦ヤマト」を高らかに歌い上げた。

魂の自衛太鼓も
 佳境へと向かう終盤の第3章は「自衛太鼓」で幕を開けた。北海道から九州・熊本まで全国の各駐屯地から集った10個チーム総勢約100人がアリーナを埋め、「廻天之力」をテーマに、雷鳥のような響きを激しく打ち鳴らした。演奏後、指導に当たった北海自衛太鼓の石中大樹陸曹長が紹介された。
 全出演部隊が登場した最終章のフィナーレ。指揮を執った陸自中央音楽隊隊長の樋口孝博1陸佐が指揮台を降り、ステージ後方へと歩み、振り返って一礼した。天井から吊られたミラーボールが回り、小宇宙にいるかのような無数の白い光の点を放った。
 (12面に外国軍楽隊等の記事と写真を掲載)


NEXT →
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc