防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
12月1日
11月1日 11月15日
10月1日 10月15日
9月1日 9月15日
8月1日 8月15日
7月1日 7月15日
6月1日 6月15日
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1073号 (2022年4月15日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面 12面

第35代海幕長に酒井良海将
 第35代海上幕僚長に3月30日、酒井良海将(前横須賀地方総監)が着任した。防衛省の儀仗広場で行われた着任式に臨んだ酒井海将は栄誉礼を受けた後、儀仗隊を巡閲。海幕勤務の多くの幹部隊員が整列して出迎えた。
 新たに海上自衛隊の指揮を執る酒井海将。船出にあたり「『人』、『機能』、『構想』、『協働』の四つの努力の方向性を今後も堅持しつつ、次の2点を重視し将来のいかなる環境変化にも耐え得る精強な海上自衛隊を築いていきたい。第1は長期持続力の構築であり、平時のみならず有事における高負荷環境下においても戦い続けられる能力の構築を目指す。第2はスピード感ある意思決定。有事において求められるのは使命に基づく現場部隊の迅速・的確な処置・判断であるため、平素からよりスピード感ある意思決定プロセスを構築していく」(海自HPより)と決意を伝えた。

内閣総理大臣表彰 6部隊に
「自衛隊への役割の重さ大きく」
「令和3年度自衛隊記念日に際する内閣総理大臣特別賞状表彰式」が3月30日、東京都千代田区の首相官邸で行われ、陸海空6部隊に岸田首相から賞状などが贈られた。
岸田首相が激励
 自衛隊記念日行事の一環として、陸海空各自衛隊・機関で地道に活動し顕著な功績を挙げているものの必ずしも広く知られていない部隊を表彰している。
 今年度は陸自部隊訓練評価隊(北富士)、陸自地理情報隊(東立川)、海自試験艦「あすか」(横須賀)、海自潜水艦「やえしお」(同)、空自飛行点検隊(入間)、空自作戦システム運用隊指揮所運用隊(横田)が表彰された。
 表彰式には各部隊代表6人が出席、岸防衛相が立会。岸田首相が代表一人一人に賞状などを贈った。訓示で首相は「ロシアによるウクライナ侵略、北朝鮮による新型ICBMの発射もあり、私たちの国は歴史を画するような大きな変化の前にある。自衛隊への期待、役割の重さは大きくなり、皆様方の取り組みもますます重要になる。引き続き、誇りと緊張感を持って任務に当たっていただきたい」と激励した。
受賞6部隊
の活動概要
 表彰部隊(代表)・活動は次の通り。
 ▽陸自部隊訓練評価隊(隊長・近藤力也1陸佐)=外国軍を模した対抗部隊による実戦的な訓練の提供▽陸自地理情報隊(隊長・井上嘉史1陸佐)=車載全周カメラ・ドローンを用いた3D地図等を作成
 ▽海自試験艦あすか(艦長・榎谷真一2海佐)=ミサイル、ソーナー等の艦艇装備品の海上試験を実施▽海自潜水艦やえしお(艦長・井関敬幸2海佐、前艦長・佐藤耕輔2海佐)=長期潜航行動をはじめ各種任務に従事
 ▽空自飛行点検隊(司令・新崎秀樹1空佐)=飛行点検機を運用し、各地の自衛隊の無線施設を点検▽空自作戦システム運用隊指揮所運用隊(隊長・佐伯剛2空佐)=24時間態勢で航空機・ミサイル情報を関係部署に伝達

NEXT →
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc