防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1074号 (2022年5月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 11面 12面

空自だより

-
東京マラソンボランティア支援
<航空自衛隊連合准曹会>
 航空自衛隊連合准曹会は、3月6日「東京マラソン2021」のボランティア活動を2020年に引き続き、東京近郊の市ヶ谷、横田、府中、十条、立川、目黒、入間、熊谷、習志野各基地から総勢140名で参加した。支援活動は、「新宿」、「秋葉原」、「両国」、「門前仲町」等の各エリアにおいて、コース管理、ランナーサポート及び給水支援などの活動を行った。
 本大会は、新型コロナウイルス感染症対策として、ランナーとの接触回避はもちろんのこと、笑顔と拍手による応援、サインボードによる案内誘導等、従来と異なる形式によるボランティア活動でレースを盛り上げた。
 ボランティア参加者を代表して、連合准曹会会長の杉本孝哉准空尉は、「この活動は、2020年大会に引き続き、2度目のボランティア活動参加となりました。今後も世界6大大会のひとつであるこの東京マラソンのキャッチフレーズである『東京がひとつになる日』を思い、多くの方が参加となるよう活動推進していきたいと思います。また、本活動への参加に関しては、感染予防対策の徹底、活動前後の健康観察も行い、各自万全の対策を行い参加しました。今回も無事この支援活動を終えることができました。関係された皆様におかれましても、御理解と御支援を頂き心より感謝いたします」と活動への思いを語った。
 航空自衛隊連合准曹会は、今後も本大会へのボランティア活動も含め、各地域における社会貢献活動に参画し、より多くの隊員が参加するよう邁進していく。
-
開幕戦を勝利に導く!
F15航過飛行

<新田原>
 新田原基地(司令・尾山正樹空将補)は3月13日、ユニリーバスタジアム新富で行われた「テゲバジャーロ宮崎」J3開幕戦セレモニーで航過飛行を実施した。この航過飛行は、前年と同様、小嶋崇嗣新富町長からの依頼を受け、実施したものであり、今回で2回目である。
 セレモニーでは河野俊嗣宮崎県知事らが祝辞を述べたのち、キックオフ直前に新田原基地所属(パイロットは、宮崎県出身者等地元由来の隊員)のF15戦闘機4機の編隊が颯爽とスタジアム上空を航過して、開幕戦に花を添えた。また、地上では、基地の隊員有志によるボランティア活動を行い、空地両面から試合を盛り上げ、初戦を勝利に導いた。

第3回新富ダービー
地元女子サッカーチームと親善試合
 3月26日、新富町三納代コミュニティー広場のグラウンドにおいてヴィアマテラス宮崎女子サッカーチームと新田原基地サッカー部との親善試合(「新富ダービー」)が実施された=写真。今回で第3回目になる「新富ダービー」だが、これまでと同様、今回も大雨が降りしきる中での試合となった。グラウンド・コンディションの悪い中、お互いに懸命にボールを追いかけ、しのぎを削った。特にヴィアマテラス宮崎の選手の球際の勝負強さ、豊富な運動量には目を奪われた。
 試合結果は、6対1で新田原基地サッカー部の勝利となった。次回は、天候に恵まれグラウンド・コンディションの良い状況で最高のパフォーマンスが発揮できることを願いたい。

NEXT →
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc