防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
10月1日
9月1日 9月15日
8月1日 8月15日
7月1日 7月15日
6月1日 6月15日
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1074号 (2022年5月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 11面 12面

体校冬季特体室7人来社
北京五輪の健闘伝える
防衛ホーム新聞社へ

応援ありがとうございました!

北京冬季五輪に出場した自衛隊体育学校(朝霞)冬季特別体育教育室の7人の選手が4月12日、東京都新宿区の防衛ホーム新聞社に来社。行き交う多くの人の視線を集めた。
訪れたのは立崎芙由子2陸尉、前田沙理2陸曹、蜂須賀明香2陸曹、田中友理恵2陸曹、枋木司3陸曹、尾崎光輔3陸曹(以上バイアスロン班)、山下陽暉2陸曹(クロスカントリースキー班)。体育学校の豊田真学校長が引率、津川正宏総務課長、橋本宏昭冬季特別体育教育室長ら5人が同行した。
7人は2月の冬季五輪でバイアスロンとクロスカントリースキーの各種目に出場。北欧などの強豪国の選手に挑み、入賞こそならなかったものの錬成してきた力をぶつけた。
懇談では五輪出場を振り返った感想などが聞かれた。前田2曹は「結果を残せなかったが、(帰省した際に)地元の皆さんに温かく迎えていただいた」と謝意を示した。
4大会連続4度目の出場を終えた立崎2尉は、「オリンピックを目指したい思い以上に(競技を)続けたいという純粋な思いが強い」と現役を続行する意向を語った。


Home
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc