防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2024年 INDEX
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2022年 2023年
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1116号 (2024年2月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 9面 10面 11面

HOME's English Class
(防衛ホーム英語教室)
アイ ドウント バイ イット
I don't buy it!
信じられないね!

 Hi! How are you doing? 皆さん、いかがお過ごしでしょうか。関東地方では、暖かい日や寒い日が周期的にきて、体調を崩す人も多くなっています。能登半島地震で被害を受けた地域も積雪の情報があります。安全を祈願しております。現地に災害派遣されている10師団の関係者から、現地の自衛隊員の支援の状況の映像が送られてきました。派遣自衛官は、朝5時半に起床し、就寝が24時という過酷な勤務をしています。頭が下がります。その努力が被災地の一人一人の心に届いていると思います。感謝です!

 今回の表現は、"I don't buy it!"「信じられないね!」です。直訳すると、「私は、それを買いません」となります。でも、実際にそういった意味では使いません。buyは、「買う、購入する」という意味のほかに、「〜と信じる、〜を受け入れる」という意味があります。今回のフレーズの意味は、「信じることができない、受け入れることができない」ということになります。皆さんにとっては、新しい口語のフレーズになると思います。"I don't believe it!"「信じられません!というと、相手のことを強く疑うフレーズになり、使う状況にかなり気を使わなければなりません。そういった時に、軽く使うことができます。

 今回のブログは、「米海兵隊で生き延びた方法」です。筆者が米海兵隊司令部(キャンプ・コートニー、沖縄)で勤務した思い出を書いています。興味のある方は、次のURLへ飛んでください。https://worldlife.jp/archives/13328
 冬の朝の軽いトレーニングは、冷たい空気とさわやかな朝日で、とても気持ち良く感じます。少し体が温まるぐらいの軽い運動をしています。公園の桜の木には、小さな花芽が出てきています。ゆっくりと確実に春は近づいてきています。ストレスの少ない、健康で陽気な日々をお過ごしください。See ya!
<スワタケル>


「頑張っています」新しい職場
活躍するOBシリーズ
NECファシリティーズ株式会社  大島 章
謙虚な姿勢を忘れずに
大島氏は、令和4年6月に自衛隊東京地方協力本部を最後に准陸尉(特別昇任:3陸尉)で定年退官。56歳(記事作成当時)
 私は、自衛隊東京地方協力本部の取次によりNECファシリティーズ株式会社玉川IMF事業部玉川セキュリティ室に就職しました。
 弊社は、NECグループの一企業として幅広く事業を展開しており、私はその一部門であるセキュリティ事業に携わっています。
 仕事の内容は、NEC玉川事業場において、お客様の入退場管理や巡回点検を初めとする施設警備業務及び防火・防災に関する業務を行っています。
私が当社を選んだ理由は、長年に渡り多くの退職自衛官を採用している実績がある事と福利厚生が充実している点です。また、勤務先が自宅から近いということも魅力の一つです。
 入社当初は、覚えることが多く同じ間違いをして指導されることもあり、この業種で長くやっていけるか不安に思うこともありましたが、上司や先輩警備員の方々のご指導のおかげで現在は班の一員として毎日やり甲斐を持ち勤務することが出来ています。最近では、入社1年にも満たない私に資格取得の機会を与えて頂き、7月の試験に向けて関係法令や施設警備に関する技能・知識を学んでいるところです。
 自衛隊OBとして、再就職に際して私から皆様にお伝えすることは「謙虚さ」です。入社当初は慣れない環境で覚えることも多く、人間関係に支障をきたすなど壁にぶつかる方もいるかと思います。「こんなはずじゃ無かった」と後悔しても解決しません。職場では謙虚な姿勢を心掛けることが大切です。少しずつ上司や仲間との距離も縮まり前に進めていけると思います。
 いずれにしろ、一般社会に順応するためには努力や我慢が必要です。早くその事に気づいて意識改革できるかが、成功の鍵だと思います。この投稿が皆さんの一助となり再就職の参考となれば幸いです。
 ご一読ありがとうございました。

防衛ホーム 俳句コーナー
句に集ふ安房の山並笑ひ初む     佐賀あかり
針納む暮らしをたてし日の遠く    増田 直美
鳶舞へる野焼の煙厭ふなく      江川 隆子
小春日や寺に師の句碑子規の句碑   吉川 道男
渡舟着く島の汀を千鳥翔つ      大島 愛子
万蕾の挙り煌めく白木蓮       大西 外明
春の宵ワルツを奏づ駅ピアノ     中島勢津子
そひきたる雛を飾りともに老う    阿部 信子
新聞の俳壇を読む外は雪       一倉 時次
路地抜ける風のゆるみも春隣     雨宮 悦子
こだはりの寒味噌作りレシピ見つ   鈴木和歌恵
大白鳥湖面の雪嶺過りをり      田中 雅巳
引鶴の別れを惜しみ高く舞ふ     中園美智代
恋猫の隔たりをもて屋根を飛ぶ    西田真由美
堤防の先端崩る鴨の海        本多 令佳
流氷のどんと地響き接岸す      足立  徹
寒暖の変化にあやし屋根の雪     石田 孝子
人参のことさら深紅兎罠       井戸田盛男
選 者 吟
鬼の豆踏み山門を抜けにけり     畠中 草史

NEXT →
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2024 Boueihome Shinbun Inc