防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   974号 (2018年3月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 9面 10面 11面 12面

年男
-
教育支援飛行隊(滝ヶ原) 2陸曹 戸塚 陽平
 明けましておめでとうございます。今年で3度目の年男を迎えることになりました。上司先輩方や頼れる後輩諸君に支えられ、無事に1年を終えることができました。今年も一生懸命頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
 さて、年男の抱負ですが仕事面は前年の3月に補職が変わり慣れない業務に精一杯なところがありましたが、今年は諸所に目標を立ててそれらを達成できるようにしたいです。また、私事ではありますが新しい資格の取得を目標としております。犬だけにワンアップできる年になれるよう頑張ります。
-
第33普通科連隊(久居) 陸士長 大野 雅明
 今年で24歳を迎えて、自衛隊入隊後初めての年男ということで自分の中で3つの目標・抱負を書きたいと思います。
 まず1つ目は「レベルアップ」です。自衛隊に入隊して早くも4年が経ち、最初の頃に比べて任される仕事や後輩隊員達も増えてきた事もあり、今よりも更に技能や知識を身に付けていきたいと思います。そのために日々の体力練成や勉強をコツコツとやっていきたいです。
 2つ目は「充実」です。今年は、昨年度よりも仕事・プライベート共に充実した1年にしたいと思います。仕事面については、昨年度は新隊員教育隊の班付等をさせて頂き自分にとって良い経験ができたので更に積極的に訓練や教育等に参加し、経験を積み重ねていきたいです。また、プライベートでは、新しい趣味等を見つけていき、より多くの人と関わっていきたいです。
 3つ目は「感謝」です。今まであまり感謝の気持ちを持つことに意識をしてこなかったのですがこれを機に今後は常に感謝の気持ちを持ち、日頃からお世話になっている人のおかげで今の自分があることを忘れずやっていきたいと思います。
 以上3つの事を特に意識して生活していき今よりも仕事の幅を広げ様々な面において中隊に必要とされる人間になるよう日々努力を怠らず、全力でやり抜きたいと思います。
-
普通科教導連隊(滝ヶ原) 3陸曹 井本 周志

 新年明けましておめでとうございます。私は、普通科教導連隊第2中隊に所属している井本3陸曹です。今年は年男なので一言抱負を述べたいと思います。私は来年度中隊文書陸曹へ上番するにあたり合規適正な文書管理業務の遂行を抱負としてあげたいと思います。
 近年、文書業務についてはその任務が重要性を増し責任の重さを、実感している所です。私は、平成29年1月から新隊員教育隊で文書陸曹に上番しておりますがまだまだ不十分なところがあり、多々不安な事もありますが諸先輩や上司、同僚の意見、アドバイスを聞き部隊に貢献できるよう今まで以上に頑張りたいと思っています。

-
普通科教導連隊(滝ヶ原) 2陸尉 岡田 哲郎
 私は、平成30年を迎え、36歳になります。さて、この年になり、近年少し思うことがあります。それは、幼少の頃からの習慣が今も驚くほど残っており、日常生活を整える上で改善できるようなことも、何となく今まで通りで過ごしてしまっているということです。
 精神と肉体は年齢とともに変化していきます。何気ない日常生活を送る中にも、運動量や食事の量・時間を見直し、休日も規則正しい生活を心掛け、仕事と私生活の両面に年間の目標を設定して、善き人生を邁進したいと思います。
-
第33普通科連隊(久居) 2陸曹 岩見 俊一
 私の年男としての抱負は、第一に一期一会、第二に感謝の気持ちを忘れないことです。
 まず、一期一会については、一生という意味での「一期」、一度の出会いの意味で「一会」、この二つを合わせることによって人と人との出会いは一度限りの大切なことの意味で使われています。私は、昨年3月に鹿児島からこの久居に転属して来て色々な出会いがありました。人見知りが激しく独りで居ることが多かった私に話し掛けに来てくれ、訓練面でも様々な場面で支援やサポートしてくれる上司、先輩、同期、後輩達のおかげで久居での自衛隊生活に少しずつ慣れていくことができました。今年も様々な出会いがあることでしょう。この一つ一つの出会いを大切していきたいと思います。
 もう一つの感謝の気持ちを忘れないことについてつくづく思ったのは、転属してきた時でした。慣れない環境ではありましたが、仕事に集中できたのは家族のおかげです。私同様、妻も子供達も慣れない生活の中で、弱音を吐かず家庭を守る妻、元気に学校に行ってくれる子供たちが私の心の支えとなりました。そして先程も述べましたが、様々な場面で支援してくれる方々のおかげで今の私があります。本当に感謝しています。この気持ちを忘れずに頑張っていきます。
-
評価支援隊(滝ヶ原) 3陸曹 関口 勝博
 明けましておめでとうございます。私も36歳戌年の年男となり、今年は『日々精進』を抱負とし任務に臨んで行きたいと思います。
 昨年は戦車乗員の砲手として初めての射撃や訓練に参加でき鳥のように大きく飛躍できた1年でした。今年は今まで学んできた事をさらに発展できるように、1日1歩ずつ成長を続け、少しでも昨日の自分を追い抜けるように堅実に努力をしていきたいと思います。そして1年間犬馬の労をいとわず任務に邁進し、日々精進し続けて更なる成長の1年になれる様に努力していきます。
-
教育支援施設隊(滝ヶ原) 陸士長 三浦 久弥
 今年で2回目の年男を無事に迎えることができました。これも自分を産んでここまで育ててくれた母親、職場の上司、先輩、同僚、後輩の支えがあったからだと思い、感謝します。節目を迎えるにあたり、抱負を述べたいと思います。
 私の年男の抱負は、陸曹候補生の試験に合格することです。年々と難しくなってきていると感じていますが誰にも負けない努力と我慢をし、合格を勝ち取りたいと思います。このことから、今年はいつも以上に重要な年になると思います。1年後に笑顔でいられるよう精一杯頑張っていきます。
 最後に、まだまだ至らない点があると思いますが、みなさん今年もよろしくお願いします。
-
普通科教導連隊(滝ヶ原) 陸士長 石毛 太陽
 今年で2回目の年男を迎えるにあたり、温かく見守ってくれた両親とご指導ご鞭撻していただいた先輩方に感謝します。私は、昔から部屋の整理整頓・管理するのが苦手な性格でした。その性格が災いし去年外出先で財布をなくしてしまう事件をおこしてしまい、大変迷惑をかけてしまいました。
 年男を迎えるにあたり「犬が西向きゃ尾は東」初心に立ち返り物品管理も含め、当たり前の事を当たり前のようにできるよう心掛けていきます。
-
普通科教導連隊(滝ヶ原) 陸士長 設樂 幸人
 私は来年で人生2度目の年男を迎えます。年男になるにあたり、これまでの反省点について話します。思えば社会人となって約2年が経ち、職場にも新隊員が入り先輩として環境の良い営内生活を過ごすためにコミュニケーションをとり指導しようと思いました。自分も新人の頃は指導ばかり受けて上司や先輩たちに迷惑をかけ一時期は退職を考えました。ですが、同期の励ましがあったからこそ現在も続けられることができ、とても感謝しています。
 そして、これからは目標に向けてこれまで以上に現在の仕事に全力で向き合います。そのために今までの自分をリセットして新しい自分になれるように頑張りますので、これからもご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。
-
普通科教導連隊(滝ヶ原) 陸士長 森村 弘希
 年男を迎えた今年、私は2任期満了を迎え新しい生活を始めます。自衛隊での生活に別れを告げる事は寂しくもありますが、次の新生活に対する期待の気持ちもあります。
 年男の節目である今年の抱負は、4年間の自衛隊生活での経験を生かし、次の職場でいち早く活躍することです。自衛隊での様々な経験は、私にとって、かけがえのない宝物であり今後一般企業に就職し社会人として生活するうえでの基礎として活用していきたいと思います。
-
教育支援飛行隊(滝ヶ原) 陸曹長 松原 功
 思い起こせば2回目の年男を迎えた24才の時、退官される人々を見送りながら「オレは定年まであと30年あるなぁ」と物思いにふけた記憶がありますが、いつの間にか干支が2周り…。その間小さな挫折を何度も繰返し、いろいろな人たちに助けられ4回目の年男を迎えることができました。
 定年まであと3任期(6年)、当時と比較して顔つき、身体のあらゆるところに経年劣化が生じましたが、気持ちだけは日々新たに進化を続けられるよう残り少ない自衛隊生活及び今後の人生を価値あるものにしたいと思います。
-
東部方面管制気象隊(滝ヶ原) 陸士長 春日 優介
 皆様あけましておめでとうございます。今年で私も24歳になり年男になります。
 戌年の犬は昔から人間と生活を共にしてきた動物であり、古くから番犬や狩りといった人の為に尽くしてきた動物です。
 私の仕事は、管制気象隊という部隊で、空の統制を行う管制官の無線機の整備をしています。飛んでいる飛行機が主役だとしたら管制官はヒロイン、そして私たちは縁の下の力持ちです。基本基礎の確行をして航空機の安全を守る番犬として日々精進していきたいと思います。
-
教育支援施設隊(滝ヶ原) 2陸曹 奥永 幹成
 早いもので3度目の年男を迎えます。節目を迎えるにあたり抱負を2つ掲げたいと思います。
 1つ目は、「日々、1%でも成長する」です。毎日、何でもいいから、昨日の自分よりも1%でも成長するように意識をして、私生活と仕事をしていこうと思います。1日1%なので一年後には365%の成長をしている自分を目指したいと思います。
 2つ目は「無病息災」です。病気をすることなく、健康で元気であること。災いもなく元気であることです。自衛官として日々心を磨き、体を鍛え、心身共に健康であり常に任務にまい進できる状態を保持したいと思います。
 今年1年、昨年の自分より成長し、健康でワンダフルな年になるよう日々頑張っていこうと思います。

HOME's English Class
(防衛ホーム英語教室)
リーチ ユア ゴウルズ
Reach your goals!
目標を達成しろ!

Hi!How are you doing?皆さん、お元気でしょうか。3月、弥生ですね。春もそこまで来ています。桜のつぼみも日に日に大きくなっています。1月の寒さのなかで目覚めて、つぼみを成長させる桜の木には自然の強さが感じられます。今年はどんな花で魅せてくれるのか楽しみです。卒業式のシーズンです。おめでとうの祝辞には、世情を反映して、卒業してからの努力や頑張りに言及するものも多くあります。生涯努力をしなければならない時代でもあります。その分、機械化できない部分に人間の可能性を感じます。さあ、次の目標はなんでしょうか。

 今回のフレーズは、"Reach your goals!"「目標を達成しろ!」です。年度末に良く聞かれるフレーズですね。goalがgoalsと複数形になっていることに、要求の厳しさが現れています。課せられた目標を全部を余すところなく達成しろという意味ですね。reachは、「達成する、着く、到着する」という意味です。目標に手が届くという意味もあります。自らの努力で、目標を奪取する気概が感じられるフレーズです。気を引き締めて、さらに前進する気分になってきます。

 北国の豪雪は一段落したようですが、まだまだ予断を許しません。雪がとけ、住民が自由に往来できるのには、まだ時間がかかりそうですね。待ち遠しい春です。私も職場での大きなイベントに参加しながら、忙しい日々を過ごしています。新年度への移行が円滑に進みますよう、また、新職場でのご活躍を祈念しております。新しい環境の中で、陽気で楽しい、ストレスの少ない生活をお楽しみください。
<スワタケル>


NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2018 Boueihome Shinbun Inc