防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   955号 (2017年5月15日発行)
-
1面 11面 16面 17面 18面 19面 20面

空自救難員選抜試験時の裸眼視力基準緩和へ
〈航空救難団〉
 航空自衛隊は、航空救難団に配置されている救難員の選抜時における身体検査基準の見直しを行い、29年度の試験より裸眼視力基準を従来の0・6から0・3に改正することを決定した。なお、選抜後の更新時と同基準であるため、任務遂行能力に影響はない。
 本施策は、昨今の若年者層の視力低下傾向に伴う受験者減少に対応する施策として行われたもの。
 救難員は、航空自衛官の中から選抜され、自衛隊機搭乗員等の捜索救助現場の最前線において、山岳地や洋上部を問わずあらゆる環境下で行動する「人命救助のスペシャリスト」。
 航空救難団司令の小川能道空将補は「救難員は、救難団の任務遂行における中核であり、本改正により、有望な人材の応募を期待している」と語った。

目黒区と気仙沼市と幹部学校
〈幹部学校〉
 4月1日2日、東京都目黒区田道広場公園で、目黒イーストエリア商店街連合会主催の「第13回目黒イーストエリア桜まつり」が今年も盛大に開催された。
 ここ目黒川沿いには、約800本のソメイヨシノの木があり、都内でも屈指の桜の名所である。今年はさくらの開花が早く、4月1日は「満開」の予報だったが、開花後の天候が不順で3分から4分咲きという状態で、天気も朝から生憎の雨となり人手と売れ行きが心配されたが、午後には雨も止み例年と変わらぬ盛況ぶりだった。
 目黒区内にある幹部学校からも総勢19名(空幹校 准曹士先任 准空尉 福丸俊一以下5名・陸幹校 最先任上級曹長 准陸尉 嵐田祐敦以下6名・海幹校 先任伍長 海曹長 才田竜二以下4名・統幕校 先任 空曹長 河口昌三以下3名)が目黒区と友好都市である宮城県気仙沼市が出店する物産店の会場設営やカキ焼き、ホタテ焼き、ホルモン焼きなど手伝いを行った。幹部学校からの支援も今年で6年目となり、午後からは空幹校副校長の田中幹士将補も手伝いに参加し、翌日分の一部である「ホタテ」も追加で焼き上げ、気仙沼市、目黒区から参加したスタッフとの交流を図った。
 秋にはやはり目黒イーストエリア商店街連合会主催の「目黒SUNまつり」を今年も目黒基地所在の4校(陸・海・空・統)の先任を中心に支援する予定である。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2017 Boueihome Shinbun Inc