防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   955号 (2017年5月15日発行)
-
1面 11面 16面 17面 18面 19面 20面

新しい一歩逞しく踏み出す
全国で自衛官候補生入隊式

5普連〈青森〉
 第5普通科連隊(連隊長・田中仁朗1陸佐=青森)は4月9日青森駐屯地屋内訓練場において、小野寺晃彦青森市長をはじめ部内外から160名の来賓並びに父兄の臨席のもと、平成29年度自衛官候補生57名の入隊式を実施した。
 式典は、国歌斉唱に続き、自衛官候補生一人ひとりに対する任命が行われた後、半崎大河自衛官候補生が大きな声で申告し、引き続き東谷宥吾自衛官候補生が全自衛官候補生とともに宣誓を行った。その後、副連隊長は式辞のなかで「同期の絆を大切にせよ」「教官を信頼して教育に専念せよ」の二点を要望した。続いて、来賓を代表して小野寺青森市長及び有村恵美子青森市自衛隊家族会会長が祝辞を述べ自衛官らを激励した。
 式典終了後、同駐屯地隊員食堂において祝賀会食が行われ、自衛官候補生らは役10日ぶりに再会した家族と和やかに食事を楽しんでいた。また、時折り談笑する場面も見られ、家族に成長した姿を披露していた。祝賀会食の最後に、各区隊を代表して1区隊から小野寺怜衣自衛官候補生、2区隊から高橋光輔自衛官候補生がそれぞれ決意と抱負を述べるとともにこれからの教育・訓練等への決意を新たにしていた。

39普連〈弘前〉
 第39普通科連隊(連隊長・松村康紀1陸佐=弘前)は4月9日、駐屯地体育館において自衛官候補生41名の入隊式を行った。
 式は、父兄や多数の来賓及び先輩隊員らが参列する中、候補生を代表して清藤亮佑自候生が申告を行い、福士翔也自候生が「自衛官として必要な知識及び技能の修得に励む事を誓います」と力強く宣誓した。
 これを受け松村連隊長は「目標に向かって挑戦せよ」「同期生を大切にせよ」の二点を要望事項として述べた後、来賓を代表して弘前市長代理三浦市民文化スポーツ部長、大鰐町長代理木田住民生活課長、防衛協会津軽地区連絡協議会永澤会長から祝辞が述べられた。
 式に参列した父兄等は約1週間ぶりにみる自候生の決意を秘めた眼差しと凛々しい制服姿に目を細めていた。

普教連〈滝ヶ原〉
 4月5日、普通科教導連隊(連隊長・河合龍也1陸佐=滝ヶ原)は、御殿場市長をはじめ駐屯地協力団体長、防衛モニター及び駐屯地モニターのほか、関係各地方協力本部等の来賓と、多数の家族が見守る中、第8期自衛官候補生課程の入隊式を厳粛に挙行した。
 式典では、まず自衛官候補生へ任命告達及び服務の宣誓を99名全員で力強く実施して、真の自衛官となるべくその第一歩を踏み出した。続く式辞において連隊長は、「同期で協力して乗り越えろ」、「教官を信頼し教育に専念せよ」の二点を要望し、全員が晴れて自衛官に任命されることを祈念するとともに、家族に対しては教官・助教は選抜を重ねて選考し教育準備を十分整えてきたので安心して預けていただきたいと述べた。続いて御殿場市長、静岡県父兄会会長から祝辞をいただき、それぞれが国防という崇高な使命を持つ自衛隊に入隊した若者に敬意を表され、全員が立派な自衛官となれるよう激励すると、候補生たちはその重責に気負いたっていた。
 また式典終了後、駐屯地食堂において記念会食が行われ勝又亮一滝ヶ原駐屯地協力会会長からお祝いの言葉と社会人として生活していく若者たちへの応援の言葉をいただいた後、富士学校音楽隊による演奏のなか、久しぶりに会う家族たちと束の間のひとときを過ごすと先ほどまで緊張でこわばった顔も笑顔に変わった。最後に、昨年入隊した先輩隊員から候補生に対して激励の言葉を送られると、田中将太候補生が代表して自衛官としての「基礎を確立する」、「知識・技能を育む」、「自主自立の精神を養成する」と三点の決意の言葉で激励に応えた。
 記念会食後は区隊旗授与式及び銃授与式が行われ、教育隊長から各区隊代表の候補生に区隊旗を、続いて候補生一人ひとりに小銃が授与されると初めて触る銃に、その重みと重責を感じていた。
 自衛官候補生は、これから約3ヶ月、自衛官として必要な識能を修得し、自衛官としての道を歩みだす。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10

Copyright (C) 2001-2017 Boueihome Shinbun Inc