防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   906号 (2015年5月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 12面

F-2B戦闘機修復初号機納入式
 東日本大震災による津波で被災した空自松島基地所属F—2B戦闘機の修復初号機(106号機)の航空自衛隊への納入式典が4月21日、三菱重工業(株)小牧南工場第4格納庫で行われた。当日は、前代未聞の悲劇を乗り越え雄々しく復活を果たした同機を祝うかのような青空にも恵まれ、今後の活躍を祈る神事、修復に尽力した関係者を労う半澤隆彦・航空教育集団司令官と藤田徹・三菱重工業(株)航空機事業部長の挨拶、記念のテープカット等を終えた後、無事に格納庫からロールアウトの瞬間を迎えた。同機は今後、三沢基地が一旦受領し、松島基地の格納庫や駐機場の整備が今年度末に完了したのち松島基地に戻る予定だ。
 東日本大震災で被災した松島基地所属のF—2B戦闘機は全18機。修復不能と判定された5機を除く13機が小牧南工場で修復作業を行ってきた。今年度は段階的に6機が納入され、平成29年度中に全機の修復が完了する見込みという。

29年3カ月12000時間無事故達成
海上自衛隊

 海上自衛隊第201教育航空隊(司令・伊藤進吾1海佐=小月)飛行教育隊の横井芳雄3海佐(固定翼操縦士)は、29年3ヵ月の歳月を経て3月5日に操縦士としての1万2000時間無事故飛行を達成した。横井3佐は昭和58年3月に航空学生35期として入隊以来、第2航空隊を皮切りに第201教育航空隊、第4航空隊等で操縦士、操縦教官として勤務した。
 横井3佐は、「達成できたのは諸先輩の御指導、同僚、管制員、整備員等関係者の御支援の賜と家族共々感謝しています。長年勤務したここ小月の地で、そして201教空で搭乗員として節目となる時間を迎えることができ大きな喜びを感じます。今後も飛行時間に恥じないよう自己研さんを重ねていくとともに、後進の育成に精一杯尽力する所存です」と決意を新たに述べていた。

後進育成に尽力、操縦教官
総飛行3000時間表彰
航空自衛隊
 3月12日、航空自衛隊第12飛行教育団(司令・伊藤哲1空佐=防府北)の古賀祐治3空佐に富士重工業(株)航空宇宙カンパニーの有志一同から表彰の楯が手渡され=写真下=、職場に飾られた。この表彰は、古賀3佐のT—7型初等練習機総飛行時間が航空自衛隊初となる3000時間に達したことを記念してのもので、12教団が富士重工業製の当該機を保有しているご縁によるもの。
 12教団は、航空自衛隊の操縦士育成の第1段階である初級操縦課程を持ち、単発プロペラ機による学生教育を行っている。静浜基地にある第11飛行教育団も同様の任務を負っており、11教団(静浜基地)と12教団(防府北基地)の初級操縦課程卒業生が、第13飛行教育団(芦屋基地)や第3輸送航空隊(美保基地)に巣立ち、航空自衛隊の操縦者になるための道を歩んでいく。
 古賀3佐は、平成10年から現在に至るまで初級操縦課程教官一筋17年のベテラン。当初は静浜基地で勤務していたが、平成15年、新機種であるT—7型機の導入のため防府北基地に転入、その後同機立ち上げの経験をもとに翌年には再び静浜基地へ転出し、そこでもT—7型機と苦楽を共にすることとなった。平成22年には再び防府北基地に戻り教官操縦士として学生教育を行っている。現在は飛行教育群本部で教務班長としても活躍。T—7型機の総飛行時間は3000時間であるが、機種更新される前のT—3型初等練習機の飛行時間も含めると、単発プロペラ機の総飛行時間は、4600時間以上にも及ぶという。「飛行経験の全くない学生が、自分の教えのもと、初めて自分の力で飛ぶことを身につけ巣立って行く。教官の影響の大きさは雛鳥に対する親鳥の刷り込みにも似ており、責任は非常に大きい。これまでたくさんの学生を送り出し、大いにやりがいを感じている」と古賀3佐。「次の目標は?」との問いかけには、「明日の学生訓練の1ソーティーに、しっかり取り組むのみです」との答えが返ってきた。学生教育に情熱を注ぎつつ現場で地道に飛行安全を積み上げる熟練操縦教官の気概を垣間見た気がした。

双子・兄弟同時入隊
静岡地本
 静岡地本(本部長・佐藤一郎1空佐)から、3家族2組の双子と1組の兄弟が自衛隊採用試験に合格し、陸上自衛隊武山駐屯地(横須賀)に入隊した。
 年々厳しくなる就職環境の中で、兄弟2人が自衛官の道を志願し、陸上・海上・航空自衛隊の選択肢がある中で同一の陸上自衛隊を選択する事はよくあるが、3家族の6人が採用試験に合格し、陸上自衛隊の同一駐屯地へ入隊するのは非常に珍しい。保護者は「兄弟とも同じ道を歩むことは非常に嬉しい。2人とも馴れ合いにならず切磋琢磨して立派な自衛官となってもらいたい」と、わが子にエールを送っていた。
 静岡地本は、「新年度も学生等の自衛隊に対する関心を更に高めてもらう施策を実施し、募集基盤の拡充に努める」としている。

NEXT →
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2015 Boueihome Shinbun Inc