防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   904号 (2015年4月1日発行)
-
1面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面 12面

44年振りの悲願達成
小牧基地航空祭にブルーインパルス
 航空自衛隊小牧基地で航空祭が3月15日開催され、1971年以来44年振りにブルーインパルスが飛行展示を行った。2011年「東日本大震災」で被災したブルーインパルスの本拠地である松島基地へ小牧基地の第1輸送航空隊が救援物資を数多く輸送しており「被災地との絆を深めるため」の意味もあって今回の実現となった。午後になり「ブルーインパルスが来る!」と知った人達が続々と訪れ来場者は73,000人を数えた。大歓声でブルーインパルスを迎え見送った観客たち。「やっと小牧でブルーを見る事が出来た、悲願だった」と岐阜県から来た40代の男性は喜びを隠しきれない表情だった。

本科59期小原台巣立つ
防大で卒業式 任命・宣誓式

 祝賀ムードに相応しい晴天と春の暖かさに恵まれた3月22日、防衛大学校(神奈川県横須賀市=國分良成学校長)記念講堂で本科第59期学生492人(うち女子47人、留学生20人)、理工学研究科前期・後期及び総合安全保障研究科前期・後期課程学生(総計80人)の卒業式が行われた。安倍晋三首相、中谷元防衛大臣をはじめ防衛省・自衛隊の主要幹部、防大OB(今年度は昭和47年3月卒業の16期生を招待)衆参国会議員、各国駐在武官、そして、卒業生の晴れ姿を見届けるべく全国各地から駆けつけた父兄多数が出席。加えて今年度は、同国初の防大卒業生となった東ティモールの留学生を祝うべく、クリストバウン・東ティモール国防大臣も来日した。
 2011年4月7日、今年の本科卒業生が入学した日は東日本大震災発災から3週間が過ぎようとする頃で、全国の陸海空自衛隊員が人員、装備をギリギリまでフル回転させ懸命の災害派遣活動に臨んでいた。当時の五百籏頭眞学校長が万感胸に迫る様子で「入校生諸君、我々も後に続きます、後は我々にお任せ下さい、と胸を張って言える防大生に成長して下さい」とまだ幼さの残る十代の若者たちに切々と訓示していた光景を印象深く覚えている。
 そして4年が過ぎ、少年少女たちは逞しく成長した。表情は凛々しく引き締まり、瞳を見れば誰もが輝いている。自らも身をもって防大教育を知る中谷防衛大臣は訓示の中で、卒業生が國分学校長から卒業証書を受け取る姿を間近に見て、「4年間、ひた向きに自分自身に向き合い、全力でその向上に取り組んできたこと。リーダーシップについて素晴らしいことを学び、身に付けたこと。国の安全保障を担いうる人物となって大きな自信を得たことを確信しました」と、感慨深げに目を細めていた。
 本科第59期学生は奇しくも、卒業の春もまた、安全保障法制の整備に関する与党合意という4年前とは違う形で防衛省・自衛隊が世間の耳目を集める出来事とタイミングが重なった。安倍首相は訓示で彼らに「世界が、諸君に大いに期待しています。世界が、諸君の力を、頼みにしています。その誇りを胸に自衛隊には、より一層の役割を担ってもらいたい」と、力強い声で期待の言葉を寄せた。
 防衛省・自衛隊が大きな注目を集めながら激しく動いた4年間。
自衛隊とは何か。
自衛官とは何か。
現在、そして将来、自分たちが身を置く組織が何を求められるのか。
 第59期生ほど、そうした問いかけを自らに課した上で、それぞれ彼らなりの答えを導き出し、入学、卒業、任官に辿り着いた世代はいないだろう。今年度は例年とは異なり、卒業式終了後に卒業生が一度退場し、陸海空の制服に着替えた上で任命・宣誓式に臨んだ。大いなる決意と使命感を、陸海空の真新しい制服が包んでいた。


医官の志を胸に
第36期学科卒業式 防医大

 3月7日、防衛医科大学校(三浦総一郎学校長)は医学科第36期学生卒業式典を体育館兼講堂で行った。式典は、小雨の降る中、防衛大臣をはじめ、国会議員、その他多数の来賓、家族及び教職員等約600人が参列し、盛大に執り行われた。
 卒業生は、6年間の医学教育及び訓練を終え、医師国家試験を受験し卒業式を迎えた。卒業証書授与、学位記授与の後、79人全員で「医師の誓い」を読み上げ、医師としての決意を述べた。
 中谷防衛大臣は、「今後は自衛隊医官として、先輩たちの崇高な志を受け継ぎ、我が国の平和と安全、国民の命と幸せな暮らしを守りぬくため、人徳を涵養し、医学に関する研鑽を積み重ね、たゆまぬ努力を続けるとともに、積極的平和主義の理念をもって、果敢にチャレンジし、衛生機能強化に尽力してもらいたい。『よき自衛官である前に、よき市民、よきジェントルマンであれ!』」と訓示した。また、三浦学校長は式辞で、「日本の国民が期待を寄せ、心の拠り所とする職業につくのであるという自覚を一生忘れないこと」、「医師や自衛官として本当に必要な勉強はこれから始まること」、「防衛医科大学校の卒業生であることに誇りを持ち、共に研鑽を積んだ仲間を大切にすること」を要望した。
 任命式では、陸・海・空幕僚長から曹長を任命され、防衛大臣に宣誓を行い、医官としての志を胸に旅立った。


NEXT →
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2015 Boueihome Shinbun Inc