防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   2013年6月15日号
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面 12面

我が国唯一の機甲師団
陸上自衛隊第7師団
「北の護り」
陸上自衛隊唯一の機動打撃師団

 6月2日、陸上自衛隊 第7師団創隊58周年(師団長・塩崎敏譽陸将)・東千歳駐屯地創立59周年(司令・伊東伸基陸将補)記念行事が爽やかな青空の下、東千歳駐屯地で盛大に行われた。記念行事は、戦車・装甲車等約400両がパレードするとあって、北海道内のみならず全国から訪れた見学者は約1万7000人。

 9時30分、町村信孝衆議院議員、伊達忠一参議院議員、山口幸太郎千歳市長、歴代師団長等多くの来賓を招き祝賀式は行われた。その中で塩崎師団長は隊員に向けて「重戦力装備を主体とした師団の能力を遺憾なく発揮するため、本記念日終了直後から実施する増強戦車中隊及び増強普通科中隊の実動訓練や実弾射撃訓練を重視している。また、戦略機動能力向上のためには、整備や補給等の後方支援や部外からの技術支援との連携も必要になる。師団全隊員の力を結集して、その練度の向上を図るよう要望する」などと訓示。第7師団の記念行事は天候に恵まれない事が多く、師団長が「大変ありがたい事に天候に恵まれ」と式辞の冒頭で述べられた時には、暖かい笑いが起き、晴天を祝福していた。
 来賓の挨拶に続いて観閲行進が行われた。部隊行進に先立ち、航空自衛隊千歳基地のF—15戦闘機が祝賀飛行。「おお〜」とどよめきが起こり、一斉に上空を見上げる観客達。観閲部隊指揮官(伊藤伸基陸将補)の乗車する90式戦車を先頭に、観閲官である塩崎師団長の前を各部隊が行進した。「噂には聞いていたけど、これだけ贅沢に戦車が行進するなんて凄い」「戦車が通った時って地震みたいだった」などと興奮気味に話している姿がいたる所で見られた。(関連記事12面)


福島市上空を展示飛行
東北六魂祭で
ブルーインパルス

 福島市で開かれた「東北六魂祭」でブルーインパルスが6月1日展示飛行を行った。東北六魂祭とは、東北6県の夏祭りが東日本大震災の復興を祈って参加するイベントで、今年で3回目。ブルーインパルスの所属する第4航空団第11飛行隊(松島基地)は東北6県の宮城県にある。ブルーインパルスは今年3月に松島基地に帰還し、帰還イベントが行われたが、悪天候のため展示飛行は行われなかった。そのため今回が帰還後初の東北で展示飛行。展示飛行に先立って「いい演技で東北六魂祭の開幕を盛り上げたい。元気と笑顔を届けるので空を見上げて欲しい」と飛行隊長・田中公司2空佐は瀬戸孝則福島市長に語っている。


NEXT →
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2013 Boueihome Shinbun Inc