防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース 1015号 (2019年11月15日発行)
-
1面 5面 8面 9面 11面 12面

トウチとさくら
(トウチ君とさくらちゃんは東京都の鳥「ゆりかもめ」がモチーフの東京地本のマスコットです)
-
文京区防災フェスタで災派写真パネルを展示
 東京地方協力本部台東出張所(所長・武下3陸佐)は8月25日、文京区において実施された「令和元年度文京区防災フェスタ」において広報活動を実施した。
これは、文京区が首都直下型大規模地震発生等を想定し、いざという時に文京区と区民、防災関係機関らが協力し、円滑な活動が実施できるように取り組んでいるものである。
 会場では初期消火活動や倒壊家屋からの救出・救助訓練をはじめとする各種訓練等が行われた他、伊豆大島土砂災害時の災害派遣活動の写真パネルを展示した台東出張所の広報ブースには、多数の来場者が足を止めていた。また、制服試着コーナーや第1普通科連隊と文京区赤十字団の方々とが実施したカレーの炊き出し配布は大盛況であった。
参加者からは「今日はとても良い記念になった」「災害が発生して困った時に自衛隊の活動は頼もしい」等の声が聞かれた。
 台東出張所では今後も地域の防災訓練に参加し防災意識の高揚に協力するとともに、地域各自治体、部隊等と連携していきたいとしている。
-
近代五種競技体験も浅草雷門で広報活動
 東京地方協力本部台東出張所(所長・武下3陸佐)は9月7日、浅草寺(台東区)雷門前の並木通りで開催された「雷門盆踊り〜夢灯篭〜」において、第1普通科連隊及び体育学校の支援を受けて広報活動を実施した。これは「雷門の前で踊ろう」をコンセプトに地元商店会が主催したイベントであり、会場は大勢の家族連れや地域住民で賑わった。
 台東出張所の広報ブースでは、来年の東京オリンピック種目でもある近代五種の選手が直接アドバイスをする競技体験コーナーがひときわ注目を集めるとともに、多くの来場者が東京地本マスコットキャラクター「トウチ君」や展示された軽装甲機動車等の車両と記念撮影を行っていた。
 来場者からは「ここで自衛隊を見ることができるとは思わなかった。ありがとう、がんばって下さい」等の声が聞かれた。
 台東出張所では、今後も部隊等と連携しつつ地域に密着した採用広報活動を積極的に実施して、防衛省・自衛隊の活動に対する理解と関心を高め、防衛基盤の拡大に努めていきたいとしている。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2019 Boueihome Shinbun Inc