防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース 1015号 (2019年11月15日発行)
-
1面 5面 8面 9面 11面 12面

おおさかホビーフェス
 自衛隊大阪地方協力本部(本部長・富崎隆志陸将補)は、10月20日にインテックス大阪(大阪市住之江区)において実施された「2019おおさかホビーフェス」で広報活動を実施した。このイベントは、「Nextホビー〜作るよろこび、遊ぶたのしさ、夢のカタチ〜」をテーマに開催され、模型ホビーの魅力を届けようと70社を超える関連企業が新製品や人気製品を展示するとともに、製品製作のこだわりの道具の使用展示を行い、約9000人の来場者で大いに賑わった。
 自衛隊は、第36普通科連隊の高機動車、第304水際障害中隊の94式水際地雷敷設車の展示及び制服試着を実施し、集まった来場者に積極的に自衛隊をPRした。来場者は、実物の自衛隊車両に非常に関心を持ち、高機動車や94式水際地雷敷設車に乗り込み、性能や諸元を熱心に隊員に質問、「凄い」「大きい」「水陸両用って日本に何台あるんですか」と興味深々だった。なかには「災害派遣ご苦労様です」など自衛隊への理解ある言葉も聞かれた。
 大阪地方協力本部は、これからも地域や企業などのイベントを通して様々な広報活動を行い、広く自衛隊を知ってもらいたいとしている。
◇ ◇ ◇
 また、第36普通科連隊(連隊長・伊藤博幸1陸佐=伊丹)は、東坂3陸曹(第2中隊)以下2名の隊員で装備品展示を支援した。
 装備品展示会場では、約9000人の来場客のなか、高機動車及び第304水際障害中隊(和歌山駐屯地)が保有する94式水際地雷敷設装置が並び展示・説明を実施し、自衛隊に対する理解促進と親近感の醸成を図り、募集基盤の拡充に寄与した。

井筒航空総隊司令官ハワイ・ホノルルを訪問
 井筒俊司航空総隊司令官は10月8日から9日(現地時間)まで、ハワイ州ホノルルを訪問した。
 滞在中、米太平洋空軍司令官、米インド太平洋軍副司令官、米太平洋艦隊副司令官、米太平洋海兵隊司令官、第94陸軍防空ミサイル防衛司令部副司令官及びアジア太平洋安全保障センター(APCSS)所長を表敬し意見交換を行った。
 米太平洋空軍司令官チャールズ・ブラウン空軍大将との懇談では、航空自衛隊と米太平洋空軍との連携の重要性について確認し、引き続き協力を進めることで一致した。また、APCSSの訪問では、同研修所で受講中の約50名に対して、1860年代から1930年代の日米関係に焦点を当てた講話を行い、歴史的な視点から日米両国が共有する「価値観」に関する理解の促進を図った。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2019 Boueihome Shinbun Inc