防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
12月1日
11月1日 11月15日
10月1日 10月15日
9月1日 9月15日
8月1日 8月15日
7月1日 7月15日
6月1日 6月15日
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1087号 (2022年11月15日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 11面

全自陸上競技会4年ぶり
18種目に男女300人

 「第26回全自衛隊陸上競技会」(防衛省主催)が10月27日、自衛隊体育学校陸上競技場(朝霞)で開催され、男女18種目に隊員・学生約300人が出場、練成成果を競った。4種目で大会記録が更新された。

 秋晴れでほぼ無風の絶好の陸上競技日和の下、4年ぶりに開催された競技会で選手たちが躍動した。
 トラック短距離の男子100メートルは須貝夢一郎1陸士(1普連)、同400メートルは大川叶吾2空士(北警団)が優勝。
 中距離の800メートルは防大の齋藤弘晃学生、1500メートルは小林翔大3陸曹(普教連)が制した。
 48人が出場した長距離の3000メートルは二組に分けてタイムレースで競われ、村山京平3陸曹(2普連)が大会記録を更新して優勝。5000メートルは湯澤亮太陸士長(普教連)がトップでゴールした。
○  ○
 1万メートルは4年前の前回大会を大会新記録で制した朝賀勇也2陸曹(2普連)が終盤以降独走。自身との勝負となったが、各周回のタイムを落とさず走り切り、2連覇を達成。
 コロナ禍などで思うように練習できない中で臨んだ大会を、「近くの目標に向かって日々練習してきた。(終盤以降は)普段の練習で意識してきた通りに走ればタイムは落ちない、と信じていた」と振り返った。
 これまでに2度、元日に行われる全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場している高田駐屯地。「(北陸)予選に向け、高みを目指しチームとして取り組んでいきたい」と、エースの決意も語った。
 40歳以上の各種目でも力走が見られた。このうち1500メートルは、松倉弘明2空曹(3空団)が大会新記録で優勝。3000メートルは平田繁聡1陸曹(普教連)が同じく大会新で、5000メートルは中村太一陸曹長(3師団付隊)がそれぞれ制した。
 フィールド2種目のうち、男子走り幅跳びは小堀健斗陸士長(13普連)が勢いのある跳躍を見せ、同ボール投げは高橋怜学生(防大)がただ1人90メートルを超える力投を見せて優勝を飾った。
○  ○
 女子選手も4種目でベストパフォーマンスを見せた。100メートルは田中梓穂璃海士長(横弾整補所)が2連覇。走り幅跳びは岡田穂乃香3曹(福井地本)が優勝、田中士長が2位に入った。ボール投げは鳴海麗奈陸士長(施設教導隊)が大会新記録で制した。
 3000メートルは薬師かれん3海曹(横教)が内枦保舞3陸曹(43普連)をゴール直前でかわし、優勝を果たした。


新添3尉 銅メダル
世界柔道女子70キロ
 世界柔道選手権大会が10月6〜13日、ウズベキスタン・タシケントで開かれ、自衛隊体育学校(朝霞)柔道班の新添左季3陸尉が女子70キロ級で銅メダル、混合団体戦で金メダルを獲得した。男女個人戦各7階級と団体戦に日本から23人が出場した。
 世界選手権個人初代表の新添3尉は、粘り強い戦いで勝ち上がり、準々決勝は東京五輪銀メダリストのオーストリア人選手に反則勝ちを収めた。
 クロアチア人選手との準決勝は、ゴールデンスコア(延長戦)に三つ目の指導を受け、反則負けを喫した。ドイツ人選手との3位決定戦は中盤に膝車で技ありを奪い、優勢勝ちした。
 試合後、新添3尉は「目指していた結果ではなく満足していないが、3位決定戦で勝ち切れてよかった」と振り返った。
 新添3尉は男女3人ずつ6人で競う混合団体戦にも出場。フランスとの決勝、3-2で日本がリードしている重圧のかかる中、最終戦(女子70キロ級戦)に臨み、足技で崩して素早く襟を取り送り襟締めで一本勝ちし、日本の5連覇達成に大きく貢献した。

NEXT →
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10

Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc