防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
spacer
防衛ホーム
spacer
home
spacer
news
spacer
購読
spacer
2022年 INDEX
10月1日
9月1日 9月15日
8月1日 8月15日
7月1日 7月15日
6月1日 6月15日
5月1日 5月15日
4月1日 4月15日
3月1日 3月15日
2月1日 2月15日
1月1日 1月15日
2020年 2021年
2018年 2019年
2016年 2017年
2014年 2015年
2012年 2013年
2011年 2010年
2009年 2008年
2007年 2006年
2005年 2004年
2003年 2002年
2001年
-
スペーサー
自衛隊ニュース   1081号 (2022年8月15日発行)
-
1面 4面 5面 6-7(PDF) 9面 10面 11面 12面

機略縦横(40)
伝えるということ
 最先任上級曹長は人前で自分の考えや情報を発信する機会が多くあります。私は隊員の反応が薄い時などは「自分の伝えたいことが正しく伝わっていないのではないか」と感じてしまいます。実際、対象者が准曹士など幅広い場合は正しく伝わらなかったことがありました。
 正しく伝わらないのは、伝え手側の曖昧な表現や、受取り手側の状況や受け止り方で、大きく意味が変わるためズレや誤解が生じるのは当然のことだと思います。だからこそ「自分は話すのが下手」だとか「分かってくれないのは相手の問題」だとか、最初からあきらめずに正しく伝わるまで何度でも繰り返しコミュニケーションをとることが大切だと思います。
 「伝える」と「伝わる」は一文字しか違いませんが意味は大きく違います。「伝えた」で終わらせるのではなく「伝わったか」までが伝えるということだと思い、日々勤務しています。

硫黄島で握手
統幕、在日米軍の両最先任
 統幕最先任関准海尉と在日米軍最先任スナイダー上級曹長はこのほど、硫黄島を訪問した。
 硫黄島は日米が死力を尽くして戦った戦場であり、スナイダー在日米軍最先任のたっての希望で訪問が実現した。統幕最先任のほか、陸自最先任上級曹長村脇准尉、空自准曹士先任甲斐准尉及び海自潜水艦隊先任伍長松井曹長が訪問した。
 日米双方の慰霊碑を訪問し慰霊するとともに、実際に使用された地下壕等を訪れ戦闘の傷跡を研修し、先人達の苦労を肌で感じた。かつて戦った双方が、今はインド太平洋地域における最も強固な同盟国であることに感慨を覚え、さらなる下士官レベルにおける関係強化を誓い合った。

日米最先任下士官等会同
海自呉・江田島で
 統幕最先任関准海尉はこのほど、海自呉・江田島地区で日米最先任下士官等会同を開催した。自衛隊からは陸自最先任上級曹長村脇准尉、自衛艦隊先任伍長青山曹長、空自准曹士先任甲斐准尉及び航空総隊准曹士先任、他方面隊・補給統制本部等計22名、在日米軍はスナイダー在日米軍最先任上級曹長をはじめ在日米陸軍基地管理本部最先任ターナー最先任、在日米海軍ロビンソン先任伍長、横須賀海軍施設ビーチー先任伍長、在日米海兵隊諸職種訓練センターパズ最先任、第4海兵連隊シングリィ最先任及び第5空軍アイエロ最先任の計7名が参加した。
 人材育成を主な議題とし、日米相互に教育体系について説明し、議論を行った。複数の史料館を研修し軍港としての歴史ある地域特性を学ぶとともに旧海軍及び海上自衛隊に対する理解を深めた。また、海自呉地方総監の講話を通じて、日米同盟や統合運用の重要性について再確認した。

Home
(ヘルプ)
-
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2022 Boueihome Shinbun Inc