防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   1032号 (2020年8月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 6面 7面 9面 10面 11面 12面

HOME's English Class
(防衛ホーム英語教室)
アイ スティル ハヴィ ア ロング ウェイ タ ゴウ
I still have a long way to go!
まだまだ先は長いね!

 政府のGO TO トラベルが先週から実施されています。4連休を観光地で楽しまれた方も多いと思います。一方、豪雨で被災された地域の皆様には、一刻も早い復旧を祈念しております。自衛隊の皆様の、災害派遣活動に心から感謝申し上げます。関東地方の梅雨も明け、夏空が見えます。新型コロナウイルスの影響で、新しい感覚やものの考え方、とらえ方を模索する日々が続いています。まさに世の中が大きく変わろうとしている時代に突入した感があります。人生で、そのような改革の時代に生きることは、本当に稀だと思います。新しい時代へ、一歩一歩進んでいきたいものです。楽しみですね。
 さて、今回の表現は、"I still have a long way to go!"「まだまだ先は長いね!」です。Go to トラベルの記事を読んでいて思いつきました。"Way to go!"は、「よくやった!」という意味で使いますので、覚えておくと便利です。a long way to goは、「進むべき道は長い」という意味で、それにI still have〜「私はまだまだ〜をもっている」と一緒になって、この表現になっています。まだ時間はかかりそうだという感じを表現できます。新型コロナに関して言えば、"We still have a long way to go!"で、新型コロナのこの状態が終息するには「まだまだ先は長いね」と表現できます。
 最近は、在宅の時間が多くなり、いろいろなことにチャレンジしています。ベランダの花や鉢植えの数が増え、マメに観葉植物の手入れや、植え替え、株分けなどに、楽しい時間を過ごしています。職場でもらい受けた花の終わった胡蝶蘭は、すでに8鉢あり、葉も青々とし育っています。花芽が出るのを楽しみにしております。行動の制限がある中で、自分や家族との時間を見つけ、日々陽気に笑顔で、お過ごしください。それでは、皆さん。See ya!
<スワタケル>

「頑張っています」新しい職場
活躍するOBシリーズ
(株)大分銀行総務部管財グループ佐藤 史郎
佐藤氏は、平成31年2月に自衛隊大分地方協力本部を3陸尉で定年退官。54歳(記事作成時)

 私は現在、株式会社大分銀行本店で当行の建物に関する設備等の維持・管理の仕事に従事しています。
 再就職の経緯は、大分地域援護センターで退職自衛官の再就職を援助する業務に係わっていた当時、真に自分に何が出来るのか、また何が出来ないのかを分析し、新しいことに挑戦しようと決めていました。中でも求人を取り扱う業務をしていた事もあり、過去の採用実績を考慮して、サイクル援護で自分にあった職種がないかと援護係に確認していました。日頃から自衛官としての躾事項である環境整備等に係る求人があり希望しました。特に面接対応は準備をしていましたが、健康診断で少々心配事がありました。それは射撃訓練時に耳を傷めて高音域が聞こえづらい症状があることでした。医師の判断は日常会話に問題はなく、また、営業等お客様対応ではないと言う事もあり、どうにか採用に至ることができました。
 実際に勤務をしてみると、電気・空気・水に関係する恒常業務と、建物に付帯する物品の修繕や依頼に対する業務があり、何事も真摯に受け止め対応し、解決できなければ報告をして対処するのが基本となっています。大事なことはやはり信頼関係であり、行員が多くいる中で自分が設備管理をしている人間と解ってもらうため、いつも挨拶をして建物内を回っています。
 最後になりますが、どのような仕事に再就職しようと、先ずは健康管理、次に自衛隊で培ってきた挨拶は特にコミュニケーションを取るのに大事であると思います。日頃から元気よく笑顔で勤務することを忘れずに、日々を送れば再就職も自信をもって迎えられます。どうか笑顔を忘れず、再就職に向け挑戦してみてください。

防衛ホーム俳句コーナー
拝殿の松亭々と法師蝉      本多 令佳
鉄を切る火花飛び交ふ梅雨探し  一ノ瀬恵昭
刃を替へて髭剃る朝の涼新た   井出かへい
闇に灯のつらなる富士の登山道  辰巳 一郎
口細きトルコの壺に花石榴    田中 雅巳
想出も共に曝して土用干     中尾惠美子
孫曾孫家駆け回る盆休      中村徳次郎
おだやかな神馬の貌に秋ふと   小谷恵美子
病室の窓開け見入る遠花火    江川 隆子
門火焚く玄関仏間全て開け    高橋 幸子
窓開けて仏の夫へ遠花火     久保 英美
間の宿石垣古りし灸花      塩見 惇子
並び立つ子規と十湖の句碑すずし 木通 佳子
乱れ舞ふ蛍の闇の息づかひ    吉川 道男
噴煙のまた一しきり雲の峰    宮本 立男
爆ぜるまで力の限り揚花火    石川たけじ
蝉時雨己が命を知るやうに    石田 孝子
大人ぶる子の後れ毛や祭髪    井戸田盛男
選 者 吟
底知れぬ過去を秘めゐし蝉の穴  畠中 草史

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
マスク
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2020 Boueihome Shinbun Inc