防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   1001号 (2019年4月15日発行)
-
1面 3面 4面 5面 8面 9面 10面 11面

「頑張っています」新しい職場
活躍するOBシリーズ
株式会社 長府製作所 佐藤 長武
佐藤氏は、平成28年12月に海上自衛隊小月航空基地隊付(付前の配置:第72航空隊)を
2海佐で定年退官。57歳(記事作成時)

前向きに 誠実に
 私は現在、株式会社長府製作所に役員運転手及び緑地管理係として勤務しております。
 退職直前までは海上自衛隊大村航空基地の部隊に所属していましたが、自宅最寄りの小月航空基地援護室からの求人情報を頂き、就労の条件も良いことから即座に就職を決断しました。
 就職初日が年末休暇中であり、年始から直ちに役員運行業務があったため、車両操縦とはいえ極めて緊張する出発となりました。
 これまで主に従事してきた航空機による飛行作業とは、人も組織も規則も乗り物も違うため、それぞれに気を遣います。
 運行前の事前準備、交通法規等法令の遵守、時間の厳守、端正な身だしなみなどといった運転手に必要だと思われる心得は、自衛官時代と大きく変わらず現在でも役立っています。
 ただし、業務自体は当然のことながら1人で行う作業であるため、日頃は安全で無駄がなく快適に運行できるよう、車両の事前点検・清掃、目的地へのルート上の天候・道路交通状況の把握や役員が乗車する直前の待機場所などをその都度自分で確認します。
 カーナビによる情報はあくまで参考として、スムーズでスマートな運行ができるようにイメージしています。
 一方緑地管理係は、本社工場や会社保有のグラウンド、倉庫周辺の雑草除去、高木の伐採、樹木の剪定、害虫駆除等環境整備を担っています。これは小規模な作業であれば一人で実施し、大規模なものは業者委託をして、維持管理に努めています。
 自衛隊から再就職された方は、あまりの環境の変化に当初は衝撃を受けるかもしれませんが、その仕事の目的を考えれば、これまで培ってきた自分の能力や経験を活かせる場面が数多く存在します。一度転勤が増えただけと思って前向きに、これまでどおり誠実に勤務するという気持ちさえあれば大丈夫なのではないでしょうか。

HOME's English Class
(防衛ホーム英語教室)
イッツタイムタステップ アップ タザプレイト
It's time to step up to the plate!
さあ、本気で取り組むぞ!

Hi! How are you doing? 皆さん、4月も半ばになりましたが、関東地方は肌寒く桜並木の沿道は桜吹雪が本当に美しく舞っています。ここ数年あっという間に散ってしまった桜も今年は長く目を楽しませてくれました。4月8日は、日本大学の入学式が武道館で挙行されましたが、満開の桜が新入生を迎えてくれました。数十年前に桜花咲き誇る大学で、入学式に出席したことを思い出しました。春爛漫です。素晴らしい季節を堪能したいと思います。

 さて、今回の表現は、"It's time to step up to the plate!"「さあ、本気で取り組むぞ!」です。step upは、「立ち入る、入る」という動作を表します。どこへ入るかというとto the plate野球のホームベースなんです。つまり、もともとは、野球で打席に立つことを意味しています。米国での野球の人気や、本気度が分かりそうなフレーズです。これがビジネスの世界で、「本気で取り組む、積極的な行動に出る」という意味で使われるようになりました。何か勇気が湧いてくる、自分が打者になってヒットを打とうとする緊張を感じる表現です。新年度の幕開けのフレーズにふさわしいと思います。

 早朝の空気は凛として肌寒く、澄んでいますが、午後には気温も上昇し外気も霞んだような感じになります。春爛漫ですばらしい季節です。外に出て軽く体を動かして、咲き誇る春の花々を愛でるのにも良い時です。配属された職場で新たな任務や仕事を始めた方も多いと思います。無理をせずストレスをうまくコントロールしながら、楽しく陽気にお過ごし下さい。それでは、皆さん。See ya!
<スワタケル>


NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
日本の機甲100年
通販部
10
Copyright (C) 2001-2019 Boueihome Shinbun Inc