防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   962号 (2017年9月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 8面 9面 10面 12面

防衛省自衛隊地方協力本部


金沢の地にて音楽と伝統の文化を披露
<石川>
 自衛隊石川地方協力本部(本部長・佐甲範之1空佐)は、7月6日、海上自衛隊東京音楽隊の支援を受け金沢歌劇座(金沢市内)において演奏会を開催した。また、7月14日〜7月16日の間、金沢港においては3月に就役した護衛艦「かが」の支援を受け、特別公開、また、金沢港振興協会主催による「港フェスタ金沢」において護衛艦「かが」としては初の一般公開を実施し、多くの来場者に自衛隊を理解してもらう機会を得た。
 演奏会は石川地本が主催し、石川県、金沢市と石川県吹奏楽連盟の後援を受け、今回で7回目。毎年この時期に行われる自衛隊演奏会を楽しみにしている人も多い。今回新たな取り組みとして「ペアチケット」を設定し積極的に来場を働きかけ、青少年を含む幅広い年齢層から多数の演奏会鑑賞申込みの応募があった。当日の金沢歌劇座ホールは、抽選により当選した来場者を含め、約1900人の来場者で満員となった。
 今回の演奏会は、隊長である樋口好雄2海佐の指揮の下、「ジュビレーション」や、金沢市出身の伊藤海曹長による「夜空のトランペット」ソロ演奏など全12曲が演奏された。演奏終了後に、伊藤曹長の母校吹奏学部学生から花束が贈呈されると会場はアンコールの声が沸きあがり「希望」、「宇宙戦艦ヤマト」最後に行進曲「軍艦」と迫力ある音色で聴衆の声に応えた。
 続く、7月14日〜16日の間、海上自衛隊第4護衛隊群(呉)に所属する護衛艦「かが」(艦長・遠藤昭彦1海佐)による艦艇広報を実施した。
 港フェスタ金沢は、例年「海の日」にちなみ、海や港に関わる機関によって、それぞれの機能や役割について関心と理解を深めるため、金沢港振興協会主催で開催しているものであり、今年で15回目。
 一般公開当日は、透き通る夏空のもと、約15000名を越える来場者が護衛艦「かが」に乗艦した。甲板ではヘリコプター4機をはじめとする様々な装備品が展示されるとともに、艦内では広々とした格納庫を活用した「かが」の広報ブースが設けられ、金沢大学の琴尺八部の学生等による演奏なども披露された。石川地本と舞鶴地方総監部による広報ブースでは、ミニ制服試着や記念撮影、自衛官等の各種募集種目の説明等、多くの来場者に自衛隊への理解と関心を深めた。
 また、前日には入港歓迎式と特別公開も開催され、護衛艦「かが」就役に伴い後援会として発足した友和会が、加賀の文化の魅力を発信してもらいたいとのことで、石川県内の作家らが寄せた久谷焼、加賀友禅など40点の伝統工芸品が艦内に展示され、多くの来場者に文化を伝えた。

大宮駐屯地夏祭りで自衛隊をPR
<埼玉>
 埼玉地方協力本部(本部長・長谷川晃久1空佐)は、7月20日、大宮駐屯地で開催された大宮駐屯地夏祭りにおいて、募集広報ブースを開設した。
 夏祭り会場では、ラッパ演奏や盆踊り、打ち上げ花火をはじめ、ミニ新幹線及び模擬売店など様々なイベントが行われ、夏祭りを大いに盛り上げていた。
 梅雨明けしたばかりのこの日は、日中の暑さが夕方になっても収まることはなく、来場者数が心配されたが、昨年よりも多い約13600名の来場があった。
 募集広報ブースでは、自衛官募集を案内するとともに、広報用のうちわやシール等を配布し、子供から大人まで人気を博した。
 また、来場者には、自衛隊に関心を持っている人が多く、広報官が自衛隊に関する多くの質問に回答し、自衛隊に対する理解をより深めてもらった。埼玉地方協力本部は、今後も効果的な広報イベントを実施し、積極的に募集基盤の強化につなげていく。

笑顔があふれる自衛隊料理のカレー
<滋賀>
 自衛隊滋賀地方協力本部(本部長・大津勝利1陸佐)は、8月5日、「2017東近江市(蒲生地区)防災フォーラムin GAMO」にて広報活動を実施した。
 2017蒲生防災フォーラム実行委員会が、防災・減災に関する知識を高めるために開催したものであり、滋賀地本としては、琵琶湖東岸地域には自衛隊の駐屯地が無いことから自衛隊の認知度を高める目的も含めて支援した。当日は晴天にも恵まれ約80人もの参加者でにぎわった。
 自衛隊からは募集課長(辻田2陸佐)が「自衛隊の災害派遣の概要」について講話を行った。どのような任務を行っているのか等の自衛隊の基礎知識や、テレビなどでも報道されている災害派遣について、実体験を交えた内容に参加者は深くうなずきながら聞いていた。
 他にも野外において0・5tトラックや災害派遣に関するパネルの展示等を行った。講話を聞いた後だったこともあり、参加者は説明を聞きながら興味深げに見ていた。
 また本イベントにあわせて、陸上自衛隊大津駐屯地(中部方面混成団本部・第4陸曹教育隊・第109教育大隊)から隊員9名が支援に駆けつけ、防災カレーを調理。初めて見る野外炊具1号での調理作業を見て、参加者は「車に鍋がついてる!」「こんなに沢山作れるんだ!」と盛り上がる中、会場は美味しそうな防災カレーの匂いに包まれた。隊員が普段からの練成の成果を最大限に発揮し、心を込めて作ったカレーを食べた参加者は「美味しい!」「何杯でも食べられる!」など嬉しそうに話していた。
 滋賀地本は今後も地域イベントを通して、地域住民への理解、防災への意識を高める活動を積極的に行っていく予定である。

「唐津ふれ愛防災ランド」で自衛隊をPR
<佐賀>
 自衛隊佐賀地方協力本部(本部長・大塚陽一1陸佐)は7月16日、佐賀県唐津市にある唐津東港で行われた「唐津ふれ愛防災ランド」において自衛隊のPR活動を行った。
 当日は、「海のカーニバルinからつ」が同じ会場で行われ、クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が入港する中、約27000人の来場者が唐津東港を訪れ、多くの家族連れで賑わった。
 当初は、陸上自衛隊久留米駐屯地及び小郡駐屯地からの支援を受けて、災害派遣で活動する車両の展示を行う予定であったが、7月5日から6日にかけての九州北部豪雨災害派遣に伴い、同駐屯地からの車両の展示は中止となり、不整地での機動能力が高い佐賀地本のパジェロ(ジープ)を展示した。
 また、来場者に災害派遣における現在の活動状況を伝えるパネル展示を行うとともに、ミニ制服試着コーナー及び自衛官等募集コーナーを設置した。
 災害派遣活動状況のパネルを見た来場者からは、「災害派遣お疲れ様です。頑張って下さい」という励ましの言葉や「唐津地区の防災を考える機会となりました」との言葉が聞けた。
 また、可愛らしい兄弟たちが、パジェロを見つけると興味津々の様子でパジェロに乗っていた。そして、親にミニ制服での記念撮影を勧めると、ミニ制服に着替えて可愛らしく変身した子供たちの姿を、パジェロの前や運転席で嬉しそうに写真に収めていた。ミニ制服での記念撮影をした親からは、「すごく似合っている」、「とても可愛らしい」との声が聞かれたほか、親もパジェロの運転席に座って、車内を興味深そうに見学していた。
 そして、魅力的な募集ポスターやパンフレットを配置した自衛官等募集コーナーには、多くの学生が訪れ、広報官による募集制度の説明に対して「自衛隊への興味が湧いてきました。もう少し、話を聞きたいです」との声や、高校生の子供をもつ親からは、「自衛官になるためには、色々な進路があることがわかりました」との感想もあり、募集制度への理解を深めてもらうことができた。
 自衛官等募集コーナーに隣接した海上自衛隊佐世保地方総監部の移動募集広報班では、ミニ制服の試着と合わせて、ロープの結び方の展示や「南極の氷」の展示等が行われた。ロープの結び方を見た来場者からは、「結び方が沢山ありますね」、南極の氷に触れた参加者からは、「手の平がパチパチする」との感想が聞かれ、海上自衛隊に対する関心を深めてもらうことができた。両広報コーナーには、約400名の来場者が訪れ、多くの来場者が興味深そうに自衛隊のパンフレット等を持ち帰っていた。
 自衛隊佐賀地方協力本部は、今後も県民に、自衛隊に対する理解や親近感を深めてもらえるよう、各種イベントでのPR活動を行っていく。

看護師・助産師募集
 平成30年4月1日採用予定
※平成29年度中途採用も随時募集中
【募集人員】
・常勤看護師及び助産師  30名程度(欠員等の状況により変動あり)
・非常勤看護師、看護補助
者 若干名
【応募資格】
・平成30年3月に看護学校・看護系大学を卒業見込みの者、又は看護師・助産師の免許保有者
【応募方法】
次のものを郵送または持参して下さい。
(1)防衛省職員採用試験申込書、(2)健康診断書、(3)免許証(写)または卒業見込み証明書
*健康診断書の検査項目は、問診、理学的検査(視診、触診、聴診、打診)、視力・聴力検査、胸部X線デジタル(又は間接)撮影、血圧測定、尿検査(糖・蛋白)です。
※「防衛省職員採用試験申込書」については、HPからダウンロード可能です。
【応募あて先】
〒359-8513 埼玉県所沢市並木3-2
防衛医科大学校病院事務部 運営支援課 人事第1係
TEL‥ 04(2995)1511(内線3016)
【採用試験場所・日程】
場所‥防衛医科大学校病院
日程‥9月8日(金)AM、9月22日(金)AM、10月6日(金)AM
※右記以外でも随時対応致しますので人事1係までお問い合わせ下さい。
【選考方法】
・書類審査、作文試験   口述試験
【勤務条件】
・夜勤可能な方
*夜勤は、部署により3交替・2交替(16時間)・変則2交替(14時間)があります。
・非常勤については個別に対応します。
【処遇】
・身分‥特別職国家公務員(防衛省職員)
・看護宿舎‥(1)全室個室:約25平方メートル、全室冷暖房完備、キッチン・バス・トイレ・靴箱等の備え付けあり、集合玄関はオートロック完備、管理人常駐
※宿舎料は無料、光熱費・管理費等負担有
(2)駐車場‥無料
・院内託児所‥平成29年10月オープン
【病院見学・インターンシップ】
 随時受け付けています。
防衛医科大学校病院ホームページインターンシップ申込フォームまたは電話(看護部事務室‥内線3393)にてお申込ください。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2017 Boueihome Shinbun Inc