防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   954号 (2017年5月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 12面

全国で入隊・入校式


1特群
〈北千歳〉
 第1特科群(群長・松尾幸成1陸佐=北千歳)は、4月9日駐屯地体育館において平成29年度第10期一般陸曹候補生課程前期教育入隊式を挙行した。
 多数の来賓・家族に祝福された18歳から26歳までの若者19名は、一般陸曹候補生として、新たな一歩を踏み出し、これから始まる自衛隊生活への不安と期待を胸に立派な自衛官になるとの決意のもと、候補生全員が力強く宣誓した。
 群長は、新たな門出に際し「使命の自覚」「一致団結」の二点を要望し、約3ヵ月間の教育をスタートした。
 また、式後に新隊員、家族に対して家族会説明会及び装備品展示等を実施して、陸上自衛隊に対する理解を深め防衛基盤の育成を図った。

7普連
〈福知山〉
 第7普通科連隊(連隊長・飯島達也1陸佐=福地山)は、4月8日、新たに加わる89名の自衛官候補生課程の入隊式を挙行した。
 多くの来賓に見守られる中、入場した自衛官候補生たちは着隊から約一週間で身につけた機敏な動作で入場し、溌剌とした態度で申告した。
 連隊長が式辞にて自衛官としての使命と、困難に立ち向かうに当たっての心構えと同期との相互扶助の精神について述べると、自衛官候補生らは己の双肩にかかった任務と期待の重さを受け止め、より一層背筋を伸ばした。
 また、決意の言葉として野中将玄自衛官候補生が「入隊の動機は違えども、崇高な使命を持ち、89名の同期と一致団結し、3ヵ月後には一段と逞しい立派な自衛官になります」と力強く述べると、会場は拍手であふれた。
 これから約3ヵ月の間、福知山の地で行われる厳しい訓練を乗り越え、立派な自衛官となることを期待する。

〈女教隊〉
 桜の花が満開の4月8日、女性自衛官教育隊(隊長・岩塚寿文1陸佐=朝霞)の入隊式が朝霞駐屯地で行われた。群馬県から曹候補生4名、自衛官候補生7名がそれぞれの決意を胸に入隊した。
 入隊式では全国から集まった同期とともに服務宣誓を力強く暗唱し、会場には溌剌とした声が響きわたった。
 着隊から短期間で規律正しく行動し宣誓する我が子を目にしたご家族の皆さんは目頭を熱く涙していた。
 全ての新隊員は、式終了後家族とともに食事を取り、桜の木の下で写真を撮るなど、つかの間の再会を楽しんだ。
 曹候補生で入隊した柳尾美佳2陸士は、将来体育学校へ進みたい。前期教育は精一杯努力して多くの事を学び卒業したいと抱負を話してくれた。

〈兵庫地本〉
 自衛隊兵庫地方協力本部神戸出張所(所長・三宅義信3陸佐)は、4月4日航空自衛隊幹部候補生学校の入校式に参加した。
 兵庫地本からは2名のパイロットの卵達が入隊した。当初緊張した面持ちで、周りの同期達と談笑していたが、入校式が始まると真剣な眼差しになり、その表情は幹部自衛官のようであった。特に、学校長の式辞の中で航空自衛隊の任務、幹部自衛官としての責務等について述べられていた時は一段と表情が引き締まったように見えた。
 式終了後「航空自衛隊の幹部として飛行要員としての役目、重責を胸に教育、訓練に励んでいきたい」と語っていた。
 兵庫地本では、「今後も幹部候補生達の成長を見守りながら、引き続き優秀な人材の獲得につなげていきたい」としている。

高等工科学校
 陸上自衛隊高等工科学校(学校長・滝澤博文陸将補=武山)は、4月8日、陸上幕僚副長・湯浅悟郎陸将立会いの下、第63期生徒(316名)の入校式を講堂において実施した。
 式典は部内外100名を超える来賓が臨席するとともに、全国各地から駆けつけた新入生の家族約800名が出席して、盛大に執り行われた。本校吹奏楽部の演奏による国歌斉唱に始まり、任命・申告と続いた。新入生代表・神山春瑠生徒(静岡県出身)の声に合わせて、全員が声高らかに宣誓した後、一人一人が順に自分の名前を呼称して、元気溌剌とした声が講堂内に響き渡った。初々しさの中にも力強さを感じた瞬間でもあった。学校長は式辞において「目標を立て日々努力せよ」及び「真の友情を育め」の2点を要望した。また、湯浅陸幕副長は、「目標を持ち、それに向け挑戦してもらいたい」及び「知・徳・体のバランスのとれた実力を養ってもらいたい」の2点を激励の言葉として贈り、新入生は真剣に耳を傾けていた。式の最後には、覚えたての高等工科学校校歌を斉唱して式を終えた。
 その後、食堂で午餐(さん)会が実施されて、生徒は家族と食事を共にし、楽しいひと時を過ごした。家族を前にした新入生たちは、緊張した面持ちから、少年らしいあどけない表情へと変わり、笑い声が絶えない穏やかな時間であった。
 全ての行事が終了した新入生の表情は、家族との別れを惜しみながらも、新たな学校生活での決意に満ち溢れたものであった。高等工科学校のスタートラインに立った316名の若桜たちの今後の活躍に期待したい。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2017 Boueihome Shinbun Inc