防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   949号 (2017年2月15日発行)
-
1面 2面 3面 5面 8面 9面 10面 12面(PDF)

「頑張っています」新しい職場
  活躍するOBシリーズ
  鳥取県境港市役所 総務部自治防災課 奥石憲昭
奥石氏は平成28年5月航空自衛隊第3輸送航空隊を3空佐で定年退官。54歳
 私は、平成28年5月に航空自衛隊美保基地で定年退職しました。
 当初、定年後の再就職については、福祉関係を希望していましたので、在職中に計画的に「介護職員」、「福祉住環境2級」、「認知症関係」及び「救急法救急員」の資格を取得しておりました。そんな折、地元の境港市役所で危機管理要員の求人があるとの情報を基地援護室から頂きました。
 地元の市役所(地方公務員)で勤務できるチャンスに驚くとともに、市役所への再就職について、「防災・危機管理関連の資格を保有していない私に務まるのか」、「今まで取得した福祉関連の資格が無駄になるのではないか」等、いろいろ悩みましたが、自衛隊在職中に培った経験が直接活かせる職場であると思いチャレンジすることを決心し、定年間際に国家資格「防災士」の資格を自費で取得しました。
 幸運にも市役所への採用が決まり、既に保有していた資格についても災害時に設置する福祉避難所や災害発生時の避難行動要支援者への対応等に活用でき、無駄にならないことも分かりました。
 市役所に勤めてみると毎日が戦場のような忙しさです。
 特に自治防災課は危機管理、防災、国民保護、原子力防災、消防、交通安全等、各種訓練を含め、幅広く担当しています。また、課長以下5名しかいないうえ、課員の出張等も多い中、自衛隊出身者ということで、災害派遣、国民保護のプロとして主査という立場ながらベテラン課員を差し置いての勤務のためプレッシャーもかかります。
 勤務環境は厳しいですが、自衛隊で培った知識と経験を基に、各種行事や地元自治会等の防災訓練等の支援を通じて地域の人々と触れ合い、少しでも多くの方に防災に関心を持ってもらい、災害発生時に役立つ知識と経験を得る手助けができればと思いながら日々勤務しています。
 最後に、退職後役場等に就職できる隊員は少ないと思いますが、大変遣り甲斐のある仕事ですので、機会があればチャレンジしてみてください。皆様のご健闘を祈っております。

HOME's English Class(防衛ホーム英語教室)
イッツ ビン ヘティック
It's been hectic!
最近超忙しい!

 今回のフレーズは"It's been hectic!"「最近は超忙しい」です。It's been=it has beenで、状況が以前から続いていることを表現できます。ずーっと忙しい状態が続いているという意味になります。年度末に向かって、多用な日々が続きそうな時期には、ぴったりな表現かもしれません。よくつかわれるbusy(忙しい)は、"I'm busy"「忙しいです」と表現しますが、hecticは、"I'm hectic."とは、言いません。"It is hectic""It was hectic"と表現します。I'm hecticとすると、「私は慌ただしい人です」という変な表現になってしまいます。hecticは、「ものすごく忙しい、超多忙な状態、大変慌ただしい」ことを意味します。物事が差し迫って、おちつきなく、急いだりあわてたりする様子が表現できます。一日の状況や、それまでの状況を振り返って、超忙しいと表現するときは、"It was hectic!"がいいと思います。

 1月の下旬に、今年度の予備自衛官招集訓練に参加してきました。武山駐屯地第117教育大隊第339教育中隊の皆様、大変お世話になりました。素晴らしく充実した実り多い訓練が実施できました。多くの予備自の仲間もできました。またよろしくお願いいたします。今年は、予想通り、1月から飛ばしています。(笑)まだまだ寒い日が続くと思いますが、ストレスの少ない、陽気で楽しい生活をお楽しみください。
〈スワタケル〉

 【お詫びと訂正について】
 2月1日号に掲載いたしました英語表現に脱字がありました。衷心からお詫び申し上げます。編集部と相談の結果、「毎回、当コーナーを切り抜いてまとめていらっしゃる」読者も多いとのことから、2月1日の表現を訂正し、再掲載させていただくことになりました。今後とも、楽しく、ためになる英語表現の執筆につとめてまいります。よろしくお願い申し上げます。


NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10

Copyright (C) 2001-2017 Boueihome Shinbun Inc