防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   898号 (2015年1月1日発行)
-
1面 2面 3面 4面 5面 7面 9面 10面 11面 12面

新年のご挨拶を申し上げます
-
陸上幕僚長 岩田清文陸将
強靱な陸上自衛隊の創造
 新年あけましておめでとうございます。皆様には希望に満ちた輝かしい新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げますとともに、旧年中陸上自衛隊に対して賜りました御厚情に、深く御礼申し上げます。
 我が国を取り巻く安全保障環境は、中国、北朝鮮及びロシアによる急速な軍事力の強化や活発な軍事的活動をはじめとして、より一層厳しさと緊張感を増しています。
 このような中、陸上自衛隊は昨年、国際平和協力活動及び海賊対処のため南スーダン共和国、ジブチ共和国等へ部隊等を継続して派遣するとともに、広島市における土砂災害、御嶽山における火山災害、そして徳島県における雪害への災害派遣等、国内外における様々な任務に対応しました。また、陸上自衛隊演習、方面隊実動演習、震災対処訓練「みちのくALERT2014」、日米共同方面隊指揮所演習「YS-67」等の主要演習の場を最大限に活用して、各種事態への対処能力の向上を図るとともに、将来体制構築に向けた各種の検証を積み重ねてきました。更に、積極的な防衛交流等を通じて関係国陸軍種との信頼関係の更なる強化も図って参りました。
 本年は、防衛大綱に示された「統合機動防衛力」を具現する、陸上自衛隊創隊以来の大改革を本格的に推進する重要な年です。このため、島嶼部への部隊配置、全国的な機動展開部隊の新編、水陸機動団の創設等の準備を推進して、「即応機動する陸上防衛力」の構築を図って参ります。また、本改革を推進しつつ、何時如何なる事態にも即応し任務を完遂し得る「強靭な陸上自衛隊の創造」を目指し、高い即応性を維持するとともに、厳しい訓練に精進して参る所存であります。
 本年一年の皆様の御多幸と御健勝を祈念申し上げますとともに、変わらぬ御支援・御協力を賜りますことをお願い申し上げ、新年の挨拶といたします。
-
海上幕僚長 武居智久海将
海洋秩序の維持強化に貢献
 皆様、新年おめでとうございます。海上自衛隊を代表して旧年中賜りました数々の御支援、御協力に対しまして厚く御礼申し上げますとともに、初春の御挨拶を申し上げます。
 さて、わが国周辺には、依然として領土問題をはじめとする不透明不確実な要素が残されている等、安全保障上の課題や不安定要因は、より深刻化しています。他方、昨年7月には「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目ない安全保障法制の整備について」が閣議決定され、海上自衛隊は、今後整備される安全保障関連法に基づく任務と役割を更に担っていくことが期待されているものと考えます。
 一方、防衛省・自衛隊は国際平和協力活動等にも積極的に取り組んでおり、6年目となるソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動では、海上交通の安全確保に成果を上げてきました。また、一昨年12月以降、第151連合任務部隊として区域防護の任務を担っており、同部隊司令官を派遣する方針も決定されました。引き続き、海上自衛隊は各国との緊密な協力の下、自由で開かれた海洋秩序の維持強化に貢献して参ります。
 他方、昨年はマレーシア航空機の消息不明事案に対しP-3C 2機を派遣するなど、国際協力の推進に寄与しております。
 海上自衛隊は今、歴史的な転換点に立っていると私は認識しており、この転換点において、「精強・即応、伝統の継承」を勤務方針として継承し、真に戦える態勢の構築を目指し、特に、人的基盤、作戦基盤、そして装備技術基盤の三つの基盤強化を当面の目標に置き、海上自衛隊の努力を集中して参ります。
 最後に、本年が皆様にとって幸多き年になることを祈念致しまして、年頭の御挨拶とさせていただきます。
-
航空幕僚長 齊藤治和空将
南西地域の防衛態勢強化へ
 防衛ホームをご覧の皆様に、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 昨年は、航空自衛隊にとって創設60周年という大きな節目の年でした。節目に当たり、全隊員が、良き伝統を継承して平和な空を次世代へしっかりと繋げていくことを自らの使命と確信するとともに、「国民の自衛隊」という原点に立ち返ってその役割を果たすための弛まぬ努力を続けていくことを固く誓った次第です。そして、多岐にわたる国内外での任務や訓練等を着実に遂行しながら、「蒼き空を明日へつなぐ」をキャッチフレーズに、航空自衛隊創設60周年記念行事の一環として、記念式典や演奏会、空軍参謀長等招へい行事、更には航空観閲式など、様々な行事等を成功裏に実施し、多くの方から高い評価を頂いております。また、防衛力整備の面では、統合機動防衛力の構築を積極的に推進したほか、航空戦術教導団の新編や幹部学校航空研究センターの新設等、航空自衛隊の態勢強化に必要な事業を着実に進めてまいりました。
 我が国を取り巻く安全保障環境は、中国による我が国周辺海空域における軍事活動の急速な拡大・活発化や北朝鮮の核・ミサイル問題の深刻化など、より一層厳しさを増しつつあります。
 この様な中、航空自衛隊は、何よりも、情勢の変化に適切に対応し、適時要域における航空優勢を確保し得る様、F-35Aの取得やF-15の近代化改修等を推進するほか、南西地域の防衛態勢強化として第9航空団(仮称)を新編する等、各種事態における実効的な抑止及び対処並びに地域の安定化に資する防衛力整備を着実に実施してまいりますので、本年も宜しくお願い申し上げます。
 最後に、読者の皆様のご多幸を祈念し、新春の挨拶といたします。

NEXT →
(ヘルプ)
shop
-
503
通販部
10
Copyright (C) 2001-2015 Boueihome Shinbun Inc