防衛ホーム新聞社・自衛隊ニュース
スペーサー
自衛隊ニュース   2011年2月15日号
-
1面 2面 3面 4面 5面 6面 8面 9面 10面 12面

自衛隊衛生の発展目指す
防衛医学セミナー開催
防衛新時代に相応しい医学教育、医官養成を討議
-

 平成22年度防衛医学セミナーが2月2日、防衛省A棟講堂で開催された。午前10時、防衛省・自衛隊の高級幹部をはじめ衛生科職種の隊員、関係者ら多数を前に、小川勝也防衛副大臣とセミナー長の早川正道防医大校長が挨拶したあと、養老孟司東大名誉教授が登壇、「医師と世の中の関わり」をテーマに約90分にわたって特別講演した。引き続き、「防衛新時代に活躍する医官を求めて」を統一テーマに、志方俊之帝京大教授(元北方総監・陸将)の基調講演とシンポジウムが行われ、出席者一同、活発に意見交換した。また、翌3日には第56回防衛衛生学会が三宿地区(世田谷区池尻)で開催された。


空音創立50周年祝う
立川
盛大に記念式典、植樹、コンサート開催
「国民に"夢と感動"届ける」
-

 航空中央音楽隊創立50周年記念行事が穏やかな晴天に恵まれた2月1日、立川分屯基地で盛大に開催された。
 午後2時半、第1ホールで記念式典が始まり、防衛省・自衛隊の高級幹部をはじめ歴代隊長、来賓多数が陪席する中、立山吉博隊長が登壇、整列する隊員に対して航空中央音楽隊の歴史・沿革に触れ、「更なる飛躍のため、一致団結、ゆるぎない誇りと自信をもって次の半世紀に向かい、新たな伝統を刻みながら一歩一歩前進していこう」と式辞した。
 来賓紹介に続いて、岩成真一空幕総務部長が岩崎茂空幕長の祝辞を代読、航空中央音楽隊の功績を称えながら「隊員諸官は、先輩諸兄の気概や英知に学び、伝統を正しく継承し、更に発展させ、しっかりと次の世代に伝えていかなければならない。現状に甘んじることなく、日々の研鑽を重ね、これからもプロフェッショナルの中のプロフェッショナルであり続けるよう、そしてその洗練された演奏をもって、夢と感動を一人でも多くの国民に届けるよう」要望した。
 引き続き、空音隊庁舎前で、50周年を祝う看板をバックに出席者全員で和やかに記念撮影したあと、代表者らが記念植樹を行い、2月に開花するという早咲きの「河津桜」の苗を植樹した。また、歴代隊長や中村芳文副隊長の指揮で、記念演奏も行われ、創立50周年の節目を祝った。


NEXT →
EDWIN503GEKI
通販部
10
Copyright (C) 2001-2014 Boueihome Shinbun Inc